P-ROOM

サウンドデザイナー洪 泰和による所謂ブログでございます

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険[ファミリーコンピュータ-コナミ-1987]

2018-05-28 20:20

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険[ファミリーコンピュータ-コナミ-1987]

実は先々月に音源自体は作っていたのにも関わらずブログの更新を怠っておりました。
コナミのアクションゲーム『火の鳥 鳳凰編 我王の冒険』で御座います。

角川映画の同作品も大好きですが、このゲームも非常に面白い。
カセットのジャケットに描かれている茜丸、ブチ、速魚はどこ行ったと云う感じではありますが、このゲーム独自の鬼瓦システムが良い味を出しており、そんな事は全く気になりません。

大和ステージ8には強いボスが居て欲しかった…

例によって私の華麗なるクリア動画をご覧下さい。
今回から某番組に倣いクリアタイムも測る事にしました。

洪 泰和さん(@psyx)がシェアした投稿

操作の慣れやワープゾーンを把握出来れば割とあっさりクリア出来る様になるので、もっとステージ数はあっても良かったなと。
各ステージのボスも居たり居なかったりだったので、そこも含めてもう少し難度上げ気味でも良かった気がします。
まぁ、小学生当時にもクリア出来たので子供向けの難易度としては適しているのだとは思いますが。
そんな感じでクリアタイムは0:35となりました。

今回のサウンドアレンジは太古ステージテーマ

『悪魔城ドラキュラ』を始めとしてこの時期のコナミサウンドは秀逸なものが多いのですが、火の鳥も名曲が揃っております。
中でも太古ステージのテーマがスピード感があって好きだったので今回のテーマにしました。

で、得意のファンクテイストを取り入れたアレンジにしてみました。
ホントはギターもベースも生音で録音したい処ではございますが、クオリティの関係上サンプリング音源とシンセベースで仕上げております。

この手のアレンジをする時悩むのはメロディの音使いで御座いますが、1音色で淡々と弾いてしまうと所謂ジャスコテックみたいになってしまうので、オルガンとピアノでスイッチする手法を取ってみました。
オルガンはいつものハモンドではなくVoxな感じで。

で、最近よく思うのは、
もっと音源が欲しい。
そこに尽きます。

では、また次回。

  • 2018-05-28
  • カテゴリー: レトロゲーム