P-ROOM

サウンドデザイナー洪 泰和による所謂ブログでございます

洪 泰和は2021年のレトロゲームを振り返る

2021-12-31 17:54

洪 泰和は2021年のレトロゲームを振り返る

さて恒例のレトロゲーム関連の総括から。

レトロゲームプレイを始めて早4年になりますが、段々と手頃なソフトも枯渇してくる訳です。
そんな感じで今年はRPG多めの年となりましたおかげで挑戦数も昨年と比べて少なめの30タイトルとなりました。
あと、図らずも毎年1ハード解禁となっており、今年はPCエンジンが新たに加わりました。
思った様にソフトが入手出来なくてそこまで多くはプレイ出来ませんでしたが。

2021年にプレイしたレトロゲーム

先ずは今年プレイした30タイトルをプレイ順で。

  • ボンバーキング[FC]
  • ボンバーマン[FC]
  • ツインビー3[FC]
  • わんぱくダック夢冒険[FC]
  • ドラゴンクエストIII[FC]
  • ソンソン[FC]
  • ロックマン3[FC]
  • 源平討魔伝[PCE]
  • 北斗の拳[FC]
  • オホーツクに消ゆ[FC]
  • 神武伝承[PCE]
  • 迷宮組曲[FC]
  • らんま1/2 とらわれの花嫁[PCE]
  • ワールドヒーローズ[SFC]
  • 龍虎の拳[SFC]
  • MOTHER2[SFC]
  • スターソルジャー[FC]
  • ロードス島戦記[PCE]
  • 熱血硬派くにおくん[FC]
  • ミシシッピー殺人事件[FC]
  • ファイナルファンタジーIII[FC]
  • 忍者COP サイゾウ[FC]
  • カトちゃんケンちゃん[PCE]
  • 忍者龍剣伝II[FC]
  • ストリートファイターII TURBO[SFC]
  • 聖剣伝説2[SFC]
  • 桃太郎活劇[PCE]
  • ドラゴンスレイヤー英雄伝説[PCE]
  • アルゴスの戦士[FC]
  • 超魔界村[SFC]

実は去年RPGを1本もプレイしていなかったのですが、今年は6本もプレイ。
PCエンジンはRPGの名作ソフトが多いので来年も引き続きかな。

プレイ時間別ランキング

プレイ時間別ランキング

それぞれのランキングもご紹介したいと思います。
先ずはプレイ時間ランキング。

  • 1位:ファイナルファンタジーIII[25:47]
  • 2位:聖剣伝説2[22:36]
  • 3位:ドラゴンクエストIII[22:00]
  • 4位:MOTHER2[20:51]
  • 5位:ドラゴンスレイヤー英雄伝説[12:04]
  • 6位:ロードス島戦記[11:44]
  • 7位:超魔界村[7:09]
  • 8位:カトちゃんケンちゃん[4:32]

当然RPGが上位を占めます。
『ファイナルファンタジーIII』の後半がなかなか地獄で結構時間が掛かりました。
子供の頃以来『ドラゴンクエストIII』のファミコン版をプレイしましたが、スーパーファミコン版にやり慣れていた所為か、ゲームバランスの厳しさに苦労しました。

高難易度ランキング

高難易度ランキング

続いて私の個人的主観によります難しかったランキング。

  • 1位:超魔界村
  • 2位:カトちゃんケンちゃん
  • 3位:源平討魔伝
  • 4位:ファイナルファンタジーIII
  • 5位:北斗の拳
  • 6位:スターソルジャー
  • 7位:ボンバーキング
  • 8位:ミシシッピー殺人事件

今年最後にプレイした『超魔界村』はエゲツないキツさでかなりの修練を摘みました。
その集中力をピアノに費やせればどんなに上達する事か(苦笑

Instagram人気投稿ランキング

Instagram人気投稿ランキング

最後はInstagramの投稿でいいねの多かったランキング。

  • 1位:カトちゃんケンちゃん
  • 2位:ストリートファイターII TURBO
  • 3位:忍者龍剣伝II
  • 4位:熱血硬派くにおくん
  • 5位:ファイナルファンタジーIII
  • 6位:MOTHER2
  • 7位:迷宮組曲
  • 8位:聖剣伝説2

『ストリートファイターII』は世界的なファンが多いので想像に難くないが、『カトちゃんケンちゃん』がトップと云うのは驚いた。
まだまだ愛されてますな。

2020年にオリジナルアレンジしたタイトル

オホーツクに消ゆ《晴海埠頭》

ミステリアスな雰囲気を継承しつつ『かまいたちの夜』的なベースアレンジを施してみました。

MOTHER《Pollyanna》

初のボーカルチャレンジ。
割と素直に作ってみましたよと。

グーニーズ《STAGE3》

ギターリフを押し出した激し目な雰囲気で。
ホントは生のギターで演ってみたかったけど。

ソンソン

ちょうどピアノの課題曲で弾いていた坂本龍一の『undercooled』のコード感を参考にしつつ。
今年アレンジした中では一番気に入ってます。

スウィートホーム 《フレスコ画》

ピアノメインでアレンジしてみたものの途中からこれで良いのかよく判らなくなり。
多少は好評頂けた様なので取り敢えず良しとしてきます。

ボンバーキング《ボンバーキングのテーマ》

これはもうネタ的なものですが。
思いついてしまったからにはやらずにはいられない。

ファンタジーゾーン《ボス戦のテーマ》

あまり得意ではないジャンルのアレンジにチャレンジしてみましたが、最後はそれなりに自分流な雰囲気に収まった気がします。

BGMの無いゲームに勝手に作曲してBGMを付けてみる

こちらも昨年に引き続き幾つか作成してみました。
ただ、正直云うとチップチューンは奥が深いけどそこまで興味がある分野ではないのでなかなか昇華出来ず。
やはり私はチップチューンを自分の世界観で広げる作業の方が向いているし好きらしい。

キン肉マン マッスルタッグマッチ

オリジナルではなく敢えてアニメのBGMを流用。
こんな感じでプレイしてみたかった。

F1レース

F1と云う事で某フージョン系っぽくしようと思ったけど結局オリジナルな感じに収まったかな。

ベースボール

野球ゲームのBGMは似た様なのが多かったので映画『メジャーリーグ』のんサウンドトラックを参考にしてみました。
こう云う雰囲気も悪くないかなと。

最後に

がっつりまとまった時間でゲームをする事が難しいので小まめに時間を取ってプレイするスタイルが身につきました。
最たるものが仕事前の朝の時間を利用した朝活ゲームプレイ。
おかげで最近はコツコツスタイルです。

来年も新ハードを解禁して、これまでのハードも交えながらバラエティに富んだレトロゲームプレイを展開したい。
あと、音楽もそれなりに継続したいけどそろそろ新たな展開も考えたいな。

  • 2021-12-31
  • カテゴリー: コラムサウンドアレンジレトロゲーム